東方寺様内新規墓石完成写真

S様のお墓が完成しました。

敷地寸法  1.1m×1.1m

石碑、土台石ともにインド産の御影石で石碑や香炉に黒御影石を、土台石にグレー系の御影石を使用しました。

石碑部分の黒御影石は太陽の光に当たると真っ黒ではなく茶色に見えることから、茶目(ちゃめ)と呼ばれることもあるクンナムと呼ばれる黒御影石です。

また、土台石には淡いグレー系の御影石を使用することによって石碑を際立たせるデザインとなっています。こちらの石もインド産の御影石でアーバングレーと呼ばれる石になります。個人的にこのアーバングレーは好きな石のひとつなのですが、その理由として色合いが絶妙な点です。濃すぎず薄すぎずどのようなデザインにも合う石目となっています。また、見た目以上に石質が硬い点も石工(いしく:石職人)として好きな部分になります。字彫りなどをしていると同じような色合いの石に比べて格段に硬さを感じられます。

敷地寸法もおおよそ1㎡ほどの墓所ということで、必要な機能(お塔婆立てや花立、香炉等)をしっかりと備えながらシンプルなデザイン設計の中にも将来にわたってお掃除やお参りのしやすさに重点を置いた設計施工に心がけました。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です