墓じまい(お墓の解体と処分)について

現在まで数多くのお墓に関するお仕事に携わってきましたが、ここ数年でお施主様から受けるご相談内容の中で多くなってきているのがお墓の解体や処分についてです。

最近では「墓じまい」などと呼ばれることもあるかと思います。この「墓じまい」について言葉の意味や大まかな手順、流れを説明していこうと思います。

「墓じまい」ってどんなことをするの?

お施主様ごとに墓じまいを執り行う事情は様々ですが、墓じまいは「墓地内にあるすべての造作物(墓石やその付属品、基礎部分まで)を解体して整地する行為。また、ご遺骨を別の埋蔵施設(新しいお墓や永代供養墓等)に埋葬する行為」といえます。

実際に墓じまいのお仕事を何件もさせて頂いてきましたが、単純に今あるお墓の墓石等を解体処分するだけではありません。そのお墓の中にはご遺骨となったご先祖様たちが眠っているので、ご先祖様たちの新しい埋葬先の準備等も考えなくてはいけません。

そして、ご遺骨の移動の準備に手間がかかる部分として、行政への届け出というものがあります。(市町村によって必要ない場合もありますので、お墓の存在する市役所等へのお問い合わせをお勧めします)

では、モデルケースとして沼津市における墓じまいを考えてみましょう。

沼津市における墓じまい

沼津市における墓じまいの手順としては

  1. 申請書類の準備
  2. 墓所のお清め(閉眼供養・魂抜きのお経等)とご遺骨の取り出し
  3. 墓石の解体及び墓所の整地工事
  4. ご遺骨の移動・納骨

大まかな流れは上記のようになります。

では、実際の墓じまいの流れを以下のケースで考えてみましょう。

  • 沼津市内の寺院墓地(A寺)にお墓がある
  • ご遺骨は市外のB寺へと移動・納骨する

今回のようにご遺骨の移動を伴う墓じまいを沼津市では「改葬(かいそう)」と呼びます。この墓じまい(改葬)には沼津市の改葬許可申請書の届けが必要となります。

=≻沼津市の改葬許可及び流れについてはこちら

改葬許可申請書の準備~ご遺骨の移動

①沼津市役所のホームページから改葬許可申請書を印刷し、必要事項を記入します。埋葬者が複数の場合は改葬許可申請書2に引き続き記入をし、1枚目と2枚目をホチキスで留めてページを開いた部分に割り印をします。

=≻沼津市の改葬許可申請書はこちら

②改葬先(今回はB寺)の墓地管理者の承認印をもらいます。ご遺骨が複数の場合は、申請書の1枚目と2枚目の綴じ目に割り印をもらうようにします。

③現在埋葬している墓地管理者(今回はA寺)の証明印をもらいます。ご遺骨が複数の場合こちらも同様に、申請書の1枚目と2枚目の綴じ目に割り印をもらいます。

④沼津市市民課に改葬許可申請書を提出し、改葬許可証の交付を受けます。基本的には窓口に直接提出となりますが、郵送で許可申請を行うことも可能です。郵送の場合、返信先の住所と氏名を書き切手を貼付した返信用封筒を同封します。申請書には昼間に連絡のつく電話番号を明記する必要があります。また、申請書に問題があった場合には返送されることもありますので、ゆとりのある計画が必要となります。

⑤現在の墓地(A寺)からご遺骨を取り出します。この場合、お寺様であれば閉眼供養や魂抜きのお経といった祭祀が必要となります。また、お寺様以外の場合においても都度必要な祭祀等がありますので、まずは改葬先の管理者にご相談することをおすすめします。

⑥改葬先(B寺)の墓地等にご遺骨を納骨します。改葬先の墓地管理者に改葬許可書を提出しご遺骨を納骨します。この場合も、お寺様であれば開眼供養や魂入れのお経といった祭祀を行い、お寺様以外でも同様に祭祀等を執り行う可能性がありますので改葬先の管理者にご相談することをおすすめします。

=≻沼津市市民福祉部市民課の連絡先はこちら

まとめ

沼津市においては新たにご遺骨を納める埋葬先と現在ご遺骨を納めている埋葬先の2か所から押印をもらう必要があります。

また、埋葬されている方達の情報も必要になってきますのでお墓じまいを検討されている方やお墓じまいをせざるを得ない場合には、時間的なゆとりをもって準備を進めていくのがよろしいかと思います。

不明な点やご相談(墓石の解体費用のお見積り等)などありましたらお気軽にご相談ください。お見積りや図面等の作成は何度でも無料で行っております。

=≻ご相談、無料お見積りのご依頼等はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です